IT/テック

【商倫理と日本・後編】和を以て貴しとなす

切り札は我々日本人の手に?

筆者はもちろん日本人で、それ故に日本人の優れた点や恵まれた部分などを度々追求する。

だが、それをもって「日本人は世界一優秀な民族なのだ」と結論付ける気はまったくない。そうではなく、「他国の人々より恵まれた点があるからこそ、社会問題解決をリードする役割が課せられるのでは」と言いたい。

「和を以て貴しとなす」という概念に含まれたロマンチズムは、はっきり言って日本人にしか理解できないだろう。

「規律ある民兵は自由な国家の安全保障にとって必要であるから、国民が武器を保持する権利は侵してはならない」と記された、合衆国憲法修正第二条の真髄がアメリカ人にしか分からないのと同じだ。

だがその概念がいい結果を出しさえすれば、周囲の目は必ず集まる。問題解決はいつもそこから始まる。

松下幸之助は、そうした概念が完全破壊されることを恐れた。中内功との対立がそのような動機からであるというのなら、この部分に関しては高評価を与えてもいいのではないか。

ともかく、我々日本人はかなり強いカードをその手に持っている。“和の概念”という名のカードだ。

あらゆる問題が噴出している世界市場で、実はこの手札がジョーカーになる可能性もあるのではないか。筆者はそう考えている。

 

【参考・画像】

“租税回避マネー”を追え ~国家vs.グローバル企業~ – クローズアップ現代

※ Zurijeta / Shutterstock

※ ABC / PIXTA

【関連記事】

※ リーダー必読!JAL運航責任者の3大決断に学ぶ「スピーディに最善策を出す方法」

※ 世界初の民間月面探査を目指すチーム「HAKUTO」をJAL&Zoffが後押し

※ 牛丼はかっこいい!インドネシアの若者に浸透する「YOSHINOYA」

※ ガソリンエンジンでも Defeat deviceか?メルセデス・BMW・プジョーのCO2排出量が50%も乖離

※ 北陸発!ものづくりの想いをつなげるプラットフォームが登場