IT/テック

腫瘍細胞における薬剤耐性メカニズムを解明したという、ガン治療のややこしい発見

化学療法が効果的な患者を見分ける方法

medicine, health care, people and prostate cancer concept - male doctor with clipboard and patient meeting and talking at hospital
source:https://pixta.jp/

 

そしてバックアップシステムを遮断することで、化学療法薬が効果的になる『P53』欠損腫瘍に変えることができるとわかった。

実はこのバックアップシステムの存在は、2013年には発見されていた。そして新たな研究では『hnRNPA0 RNA結合タンパク質』を活性化させているのがMK2タンパク質であることが分かったのだ。

しかし、『hnRNPA0 RNA結合タンパク質』の分子レベルでの機能の詳細がまだ分かっていないらしい。

どうやら『hnRNPA0』は細胞分裂プロセスにおいて2つのチェックポイントを持っているらしく、細胞が健康なときはこれらのチェックが停止しているようだ。

そのうちの1つは、例の『P53』によって起動する。

ところが『P53』が無いときは、『Gadd45』と呼ばれるタンパク質によって制御されることがわかった。その結果、『P27』と呼ばれるタンパク質のために『mRNA(messenger RNA)』を安定させる働きがあるという。

 

と、ややこしい話しが続いたが、結局出された結論は、『Gadd45』と『P27』の『mRNA』の濃度を測定することで、その患者に化学療法が効果的かどうかが予測できるようになる、ということだった。

こういうややこしい研究の地道な積み重ねによって、ガン治療は進歩している。

 

【参考・画像】

※ Biologists unravel drug-resistance mechanism in tumor cells | MIT News

※ Syda Productions / PIXTA

【関連記事】

※ ホンモノの臓器のような伸縮性と弾力を持つ素材が未来を切り拓く!?

※ 再生医療の扉を開く?ミトコンドリア病の幹細胞治療へステップ

※ 更なる日本人学者の活躍!素粒子物理学の定説を覆した「ニュートリノ」研究がノーベル物理学賞に

※ 今日は「バック・トゥ・ザ・フューチャー2」の日!描かれた世界観はどれだけ実現しているのか?

※ 3Dプリンターが医療で活躍!チタン製3Dプリントで失った肋骨の骨格を再建!