IT/テック

2016年3月9日は皆既日食の日。観光業 「天体ドラマ」で地方活性化へ

日食は不吉?

インドネシアは今でこそ国民のほとんどが一神教、すなわちイスラム教やキリスト教を信仰しているが、600年ほど前まではアニミズムの国だった。

アニミズムとは、すべてのものに人格的霊魂が宿っているという宗教概念である。その影響は今でも色濃くあり、インドネシアでは今も幽霊を信じる人が非常に多い。

一神教の概念に幽霊など存在しない。だがアニミズムはそのような信仰上の矛盾を人々に受け入れさせてしまうほど、粘り強い概念なのだ。

そうした人々が日食を見たら、どう思うだろうか?  「精霊がお怒りになった!」とパニックを起こす。

現に33年前、一部の地域でそういうことがあったと聞く。もちろん今現在のジャワ島市民はそうはならないが、それでも「日食は不吉なもの」という考えを心のどこかに持っている人も少なからず存在するようだ。

80年代には、そういう市民が現在より多くいたことは間違いない。それに加え1983年の皆既日食は、人類史に残るほどの劇的な日食だった。

というのも、皆既日食帯が世界遺産ボロブドゥールのある地域に接近したのである。これは当時、NHKが番組制作のためにその様子を撮影した。

現場にいた人たちは、世界最大の仏教遺跡と皆既日食のコラボレーションという、稀有な瞬間を目撃したのだ。これ以上の幸運はない。ボロブドゥール遺跡(澤田オフィス提供)

 

だが、当時と今が違うのは、「日食を観光業活性化につなげよう」という意識があるかないかである。