IT/テック

2016年3月9日は皆既日食の日。観光業 「天体ドラマ」で地方活性化へ

幻の香辛料王国

imasia_13022966_M
source:https://pixta.jp/

 

さて、来年の皆既日食帯が通る都市の中で筆者のオススメは、テルナテである。

16世紀、テルナテはヨーロッパ諸国にとっての“宝石箱”だった。というのも、マルク諸島は香辛料の一大産地であり、テルナテはその中心地だったからだ。古代ローマ帝国があった時代から、マルク諸島ははるばるヨーロッパまで香辛料を供給していた。現代人には想像のつかないほど壮大なスケール感である。

もちろん、当時の香辛料は現代のように簡単に買えるものではない。ヨーロッパでは、ナツメグやクローブなどは貴金属と交換していた。ヴァスコ・ダ・ガマが命がけでインド航路を開拓した目的は、香辛料貿易のルートを確保するためである。

だからテルナテには早くからヨーロッパの文化が上陸した。あのフランシスコ・ザビエルも、このテルナテで福音宣教を行っていた。ザビエルが日本にやって来たのは、そのあとのことだ。

 

テルナテは観光地化されているとは言い難い場所だが、それでも訪れてみる価値は充分にある“歴史都市”だ。

そのような町で2016年3月9日を迎えられるとするならば、それはやはり滅多にない幸運である。

そして筆者も気がつけば、スケジュール帳とにらめっこしているのだ。

 

【参考・画像】

※ 2016年の皆既日食 「地方観光促進の機会に」 国内外の天体愛好者ら誘致(じゃかるた新聞)

※ matteobedendo / Shutterstock

※ chikaphotograph / PIXTA

【関連記事】

※ 部屋にいつでも満月の明かりを。神秘的なインテリアライト「Luna」

※ この世の95%が「ダークマター」と「ダークエネルギー」?宇宙の謎が分かるムービー

※ 世界初の民間月面探査を目指すチーム「HAKUTO」をJAL&Zoffが後押し

※ インドネシアとサブカルコスプレイヤーたちが創る「明日の光景」

※ 消滅する熱帯雨林 「焼畑農法」に悩まされるインドネシア