IT/テック

【東京モーターショー2015】エコでスマートな最新カー一気見せ!(FCV編)

小型シティコミューター「FCV PLUS」

TOYOTA_FCV_PLUS_001_s
source:http://newsroom.toyota.co.jp/

 

トヨタが出展したのは、都市部での使用をイメージしたFCV小型コミューター『FCV PLUS』だ。

水素と水で電気を発電するFCスタックを小型化することで、軽量・コンパクトな車両サイズを実現。

ボディサイズは、全長3,800mm、ホイールベース3,000mm、全高1,500mmで、小型のFCスタックはフロントタイヤ間に、水素タンクはリヤシート後方にレイアウト。

TOYOTA_FCV_PLUS_007_s
source:http://newsroom.toyota.co.jp/

 

TOYOTA_FCV_PLUS_010_s
source:http://newsroom.toyota.co.jp/

 

4輪インホイールモーターの採用で、走行性能もなかなかだ。

インテリアには、軽量・高剛性の3D骨格構造も採用し、内装トリムやシートデザインも斬新だ。

フロント床下やリヤタイヤ側面には、非接触給電パネルも装備する。

これにより、『FCV PLUS』にためた電気を、家や他のクルマ、様々な社会インフラへ給電することも可能。クルマに新たな価値を創造する、まさに新世代のコミューターだと言えよう。

TOYOTA_FCV_PLUS_011_s
source:http://newsroom.toyota.co.jp/