IT/テック

スイス発の透明ルーフが雨の日の自転車通勤・通学を快適にする

雨の日の通勤・通学に革命

昨今自転車通勤が脚光を浴びているが、降雨時や雨予報の場合は公共交通機関を使う人も多かったはずだ。

また、改正道路交通法で自転車の危険運転の罰則強化されたことで、傘さし違反運転をする人は減り雨合羽を着用する人が増えている。とはいえ、雨合羽を着用するのに抵抗感があり、まだ傘さし違反運転をする人が存在しているのも事実だ。

しかし、このような雨用シールドがあれば、そういった数々の懸念点や面倒ごとを気にせず自転車を利用することができる。

降雨量の多い日本では実用性が高く、これが普及すれば通勤・通学のスタイルに大きな変化をもたらすかもしれない。

 

【参考・画像】

dryve

【動画】

※ dryve by allnew – YouTube

※ assembly and disassembly of dryve with japanese subtitles – YouTube

【関連記事】

※ 東京モーターショー2015で盛り上がる「パーソナルモビリティ」の未来

※ アプリで使うIoTナビ。自転車には、コンパクトでシンプルなナビが丁度いい!

※ 通勤に最適!1秒でたためる電動自転車「Gi FlyBike」が大人気

※ カッコイイ次世代型自転車!未来の自転車はスマホホルダーやカウル付きになるのか?

※ 月に代わって地面を照らす!幻想的な自転車用ライトで夜間走行を安全にする、スマホで操作可能な次世代IoT