IT/テック

オープンソースの初心者向けバイオセンシング「OpenBCI」でバイオハッカーになろう

3Dプリンターで手に入れるEEGヘッドセット

『Ultracortex Mark IV』は、3Dプリンターで出力できる調節可能なEEG(脳波)ヘッドセットだ。

全ての『OpenBCI boards』と互換性があり、ドライ脳波センサーを使用している。

29579a5579471377c85b4d73e2b7ec3e
source:https://www.kickstarter.com/

 

OpenBCIとは、人体の電気信号を計測して分析する事ができるハードとソフトのオープンプラットフォームを示す。

分析対象は脳データ(EEG)、筋肉データ(EMG)、心臓活動(ECG)などとしている。

 

既に世界20カ国以上で、研究者や科学者、エンジニア、アーティスト、デザイナー、そして学生達に利用されながらアップデートしてきたという実績がある。

OpenBCIの使命は、コンピュータのインターフェイス技術をオープンソースにより革新することで、神経科学とバイオセンシングの、研究開発への敷居を低くすることだという。

つまり、研究者から高校生までといった、誰もが利用できるOpenBCIを作ることだ。

53034b7ad0b8f88b3f2bc0100a928ba3
source:https://www.kickstarter.com/

 

従ってクラウドファンディングを利用する目標も、OpenBCIプラットホームの費用対効果を高め、次世代の研究者や科学者、そしてエンジニア達を支援することだという。

そして透明性が高い支援の状態を維持するために、広く支援を募っている。

また、コストを押さえることで、DIYバイオハッカーにも研究品質のバイオセンシングツールを提供することだともしている。