IT/テック

長年議論を呼ぶ「iPhoneのアップデートはすべきか否か」を考える

アップデートをすることのリスク

アップデートすべき理由を語る前に、アップデートすることによるリスクを整理しよう。リスクは大きく3つに大別できる。

まず考えられるのは動作が重くなることだ。スマホの性能は年々向上しており、それに合わせてOSが要求するスペックもどんどん上がっている。何も考えずにOSのアップデートを続けていると、そのうち要求スペックギリギリで最新版OSを動かすことになり、結果的に動作が重くなってしまうことが考えられる。

次に考えられるのは、セキュリティ上の欠陥があることだ。頻度としては決して高くはないが、OSも人間が作るものである以上完璧なモノは存在しない。

アップデートした最新バージョンに、致命的なバグやセキュリティホールが存在する可能性もあるだろう。

最後は、不要な新機能が追加・必要な機能が削除されることだろう。わかりやすいのはマップの例だ。

iOS6では、それまで純正で搭載されていたGoogle Mapアプリが削除され、クオリティの低いアップル純正マップが搭載された。

この件で、結局グーグルマップを別で入れる必要に迫られた人は、少なくなかっただろう。