IT/テック

長年議論を呼ぶ「iPhoneのアップデートはすべきか否か」を考える

どうしても心配なら、飛びつかない

ただ、どうしても最新版に大きな問題があったら……と不安なのであれば1週間程度待つことをオススメする。

iOSの場合、最新版のアップデートがあると通知されるため、比較的何となくアップデートするユーザーが多いのが特徴だ。

すると、不具合がある場合には1週間もすれば大体その情報も出そろってくる。

マイナーアップデートであれば、正直そこまでシビアに考える必要もないだろうが、メジャーアップデートの際には、特に発売から2年以上経過した機種を使っているユーザーは情報を集めてからにしてもいいかもしれない。

とはいえ、利便性の面でも、安全性の面でも、また使い勝手の面でも、アップデートすることにこしたことはないだろう。

 

【参考・画像】

※ Syda Productions / PIXTA

【関連記事】

※ どんなものがやってきた?2015年注目のガジェットをプレイバック

※ 鬼は大爆笑すると思うが「iPhone 7」に期待したい5つのこと

※ 「iPad Pro」が変えるかもしれないあなたの生活シーン

※ iPhoneの旬は2年!? iPhoneを買い換えるべき5つの兆候

※ Live Photosの共有も!iPhone 6s/6s Plusならではの機能を活かせるアプリ5選