IT/テック

ホンダ×LIXIL「電気を作り、クルマにためる」次世代レジリエンスホーム公開

商品化は来春以降

LIXIL住宅研究所では、この『家+X』のうち、まずはホンダの家庭用ガスエンジンコージェネレーションユニットを標準装備した家を、来春以降に商品化する予定。

実現すれば、LIXIL住宅研究所のブランド、『アイフルホーム』『フィアスホーム』『GLホーム』のいずれか、もしくは全てに採用された家が販売されるはずだ。

 

【参考・画像】

※ HondaとLIXIL住宅研究所が合同で<次世代レジリエンスホーム「家+X」Powered by Honda>を公開 – HONDA

【動画】

※ 次世代レジリエンスホーム – YouTube

【関連記事】

※ 【未来予想図2020】ホンダが考える「スマートモビリティ」、クルマだけでなくエネルギーも作る

※ 【未来予想図2020】ホンダが考える「スマートモビリティ」EVとFCVそしてPHEVの将来は?

※ 【未来予想図2020】自動運転まであと4年?2016年の自動車業界に期待したいこと

※ トヨタが「人工知能」に本腰1,200億円!米国防総省出身のギル・プラット博士を新会社CEOに起用

※ 【未来予想図2020】将来こうなっていて欲しい!吉田由美が語る「女性目線で見た次世代自動車」