IT/テック

FCVに3分で充填! ENEOSの「移動式水素ステーション」が3カ所で営業開始

営業開始の「移動式水素ステーション」

今回営業を開始したのは、以下の3つだ。

 

■1:横浜大さん橋水素ステーション

01_横浜大さん橋水素ステーション
source:http://www.noe.jx-group.co.jp/

 

住所:神奈川県横浜市中区海岸通1-1-4
営業日:月・木・金 営業時間:10:00-12:00

 

■2:川崎マリエン水素ステーション

02_川崎マリエン水素ステーション
source:http://www.noe.jx-group.co.jp/

 

住所:神奈川県川崎市川崎区東扇島38-1
営業日:火・水 営業時間:10:00-12:00

 

■3:相模原中央水素ステーション

03_相模原中央水素ステーション2
source:http://www.noe.jx-group.co.jp/

 

住所:神奈川県相模原市中央区弥栄3-6883-4
営業日:火・木 営業時間:12:00-14:00

 

いずれの場所も自治体から許可を得た場所で開業、FCVへの充填時間は約3分。充填圧力は70MPa(メガパスカル)だ。

JX日鉱日石エネルギーでは、全国で約40カ所の商用水素ステーション開所への準備を進めており、すでに12カ所(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、愛知県)で営業を始めている。

すでに販売中のトヨタ『MIRAI』や来年発売予定のホンダ『CLARITY FUEL CELL』などのほか、様々なカーメーカーから今後のリリースが予想されるFCV。

だが、普及への壁はEV(電気自動車)と同様、インフラの整備だ(個人的には車両価格が高いこともあるが)。

いずれにしろ、今後の動向がかなり気になるのは確かだ。

 

【参考・画像】

※ 当社として初となる移動式水素ステーションの開所について – JX日光日石エネルギー

【関連記事】

※ 【未来予想図2050】トヨタの「2050年の未来」に向けた6つのチャレンジ、PHV・FCV・EVの時代に

※ 【未来予想図2020】ホンダが考える「スマートモビリティ」EVとFCVそしてPHEVの将来は?

※ 【スマートモビリティシティ2015】エネルギーも作る! ホンダが目指すFCV&EV未来社会をリアル体験

※ イチロー×豊田章男ビッグ対談!メジャーリーガーと世界のトヨタ、それぞれの「WOW」の起こし方

※ ホンダ×LIXIL「電気を作り、クルマにためる」次世代レジリエンスホーム公開