IT/テック

有機EL採用でiPhoneが変わるかもしれない3つのこと

■3:高い応答速度

現在のiPhoneのディスプレイで不満がない人も多いかもしれないが、一般的に液晶に比べ有機ELの方が、画面の応答速度が高いと言われている。

特にゲームや、動画再生の際には、プロセッサの処理さえ追いついてくれれば、より細いフレームで切られ、ヌルヌル動く映像を楽しめるというわけだ。

 

iPhone 8で実装か?

と、今後に期待できる3つのポイントを取り上げた。取り回しの良い筐体としてワクワクした方も多いことだろう。

とはいえ、Appleが有機ELを採用すると言われているのはまだちょっと先で、3年後の2018年となる見通しだ。

ナンバリングでいうと来年が『iPhone 7』、そしてその翌年に『iPhone 7s』となるとすると、『iPhone 8』が発売される頃ということになる。

今は有機ELの採用で話題になっているが、もしかするとその3年後には、これらのメリットだけでは驚かないくらい、驚きの変化が用意されているかもしれない。

 

【参考・画像】

iPhoneに有機EL採用 パネル産業が変わる – 日本経済新聞

※ Lukas Gojda / Shutterstock

【関連記事】

※ iPhoneの牙城を崩すかも知れない?アップルが苦手とする2つのこと。

※ iPhoneを通じた画期的医療研究。「ResearchKit」対応アプリが日本からも登場

※ 角度を感知する技術、これがホントの「3Dタッチ」か!?

※ クパチーノから生まれる未来とは?今後Appleはどのようなイノベーションを投下するのか

※ 僕らの生活を変えたスマホは、なぜ爆発的に普及したのか