IT/テック

あなたのスマホはどこから?購買判断・経営判断に活きるMIT開発の「サプライチェーン版Wikipedia」Sourcemapとは

CSRツールから経営判断サポートツールへ

『Sourcemap』では、開発当初、もっぱら、CSRの観点から、企業における説明責任の向上や、商品の透明性を高めるツールとしての活用を想定していた。

しかしながら、本来、サプライチェーンは、企業が負うべき社会的責任はもちろん、原材料調達の効率性や災害のリスク、環境負荷など、様々な要因を考慮し、最適化されるべきもの。

そのためには、原材料の供給者である“川上”から消費者の“川下”まで、一連の流れを可視化することが不可欠だ。

そこで、『Sourcemap』は、2011年9月、営利企業として独立し、サプライチェーンを自動的にマップ表示できる、エンタープライズ向けソリューションを開発した。

調達先の選定や在庫管理、輸送ルートの改善、緊急時に備えた事業継続計画の立案など、重要な経営判断に活用できるのが利点で、チョコレートメーカーのマース(Mars)やオフィス関連製品を取り扱う大手小売店オフィス・デポ(Office Depot)など、米国内外の大手企業でも、このソリューションの導入がすすんでいる。

 

サプライチェーンの可視化が、私たちにもたらすもの

サプライチェーンを可視化する試みとしては、食のトレーサビリティに特化したオンラインプラットフォーム『Real Time Farms(リアルタイム・ファームズ)』など、他の事例もいくつかあるが、『Sourcemap』は、この分野の先駆け的存在。

このようなツールを有効に活用し、「この商品がどこでつくられ、どのようなルートで届けられているのか」を知ることこそ、消費者の購買判断や企業の経営判断を、より賢明なものとするための第一歩といえるだろう。

 

【参考・画像】

※ Sourcemap

※ Real Time Farms

【動画】
※ Supply Chain Mapping for Everyone – Vimeo

【関連記事】

※ たった6週間で街中をネット化!世界初のクラウドソーシング型IoTプロジェクトに注目

※ ビッグデータは日本に任せろ!70億人が束になっても敵わないスパコン「京」が「Graph500」で2期連続世界一

※ iPhoneを通じた画期的医療研究。「ResearchKit」対応アプリが日本からも登場

※ 僕らの生活を変えたスマホは、なぜ爆発的に普及したのか

※ クパチーノから生まれる未来とは?今後Appleはどのようなイノベーションを投下するのか