IT/テック

日本ではなんと49%!? もはやSFではない、人工知能とロボットが労働者の職場を奪う日

キカイと労働者が対立する未来がくるのか

改めて言う。もしもこの予測が正しいなら、日本の49%の労働人口が職を失いかねない。

経営者はひとたび導入したあとは給与も昇級もなく、反抗することなく従順に働き続けるキカイを喜んで受け入れるだろう。

しかし、労働者はたまったものではない、SFのようにロボットを破壊しまくる時代が本当にくるかもしれない。殺人と違い、器物損壊は大きな罪には問われないからだ。

もっとも、キカイが得意とするのは単純労働や、クリエイティビティを発揮しないような職種だ。

人間はよりクリエイティブな労働へとシフトする“いいチャンス”ととらえれば、明るい未来があるかもしれない。

いずれにしても未来を決めるのは自分次第だ。

 

【参考・画像】

※ 日本の労働人口の49%が人工知能やロボット等で代替可能に – 野村総合研究所

※ baranq / Shutterstock

【関連記事】

※ MITが人工知能と機械学習で新たなトライ、子供のように成長するロボットに親近感

※ 「東ロボくん」が偏差値57.8に!今ドキの人工知能は東大入試に合格するか?

※ 【最新AIの基礎知識①】山川先生、今ドキの人工知能って自分で学習するんですか?

※ 「ワトソン」が予想するXmas1位はApple Watch?人工知能がビジネス戦略を決定づける日

※ ビッグデータは日本に任せろ!70億人が束になっても敵わないスパコン「京」が「Graph500」で2期連続世界一