IT/テック

中国は多くの労働力をロボットに置き換えようとしている?

世界有数の工業用ロボット輸入国

北京で開催された、世界ロボットカンファレンスでは、ロボット掃除機からドローンまで様々なロボットが展示されたが、その中でも注目は武骨な工業用ロボットだ。

工業用ロボットは、それまで多くの労働者が行ってきた単純作業を置きかえるものだ。

また、人間よりも高い精度で組みつけたり、複雑な制御をおこなうことで、これまで人間の労働者ではできなかったことが効率よく行えるのも特徴のひとつだ。

“世界の工場”だけに、この工業用ロボットへのシフトの影響は大きい。

2年前、既に世界一の工業用ロボット輸入国となり、2018年には世界で3番目に多く、工業用ロボットを保有することになると予想されている。

全労働者に対するロボットの割合は、他の工業先進国に比較すると依然低いが、今後の成長の潜在能力は高い。

 

世界に影響を与える「インダストリー4.0」

急激に工業用ロボットへとシフトする背景には、2011年にドイツが打ち出した『インダストリー4.0(第4次産業革命)』に大きく影響されている。

工場のデジタル化により高い効率を求め、コストを削減する手法は、国際社会における競争力を飛躍的に上げるものだ。

『インダストリー4.0』を進めるには、労働集約型の従来の組立工場では実現できないことは言うまでもないだろう。