IT/テック

走りが進化した「新型プリウス」6万台受注で納車は5ヶ月待ち!?

既に6万台受注、納期は来春以降

既にCMの放映も始まっており、11月初旬から開始した国内受注は何と6万台に達していると言う。

 

トヨタでは、年初から国内生産台数を増強してこれに対応するそうだが、それでも今からオーダーした場合、納車が来春以降と、やはり4~5ヶ月程度はかかるようだ。

販売店も新たな取り組みとして、試乗コースを工夫する方針のようで、年初に開催する試乗会では従来の市街地に加えて、コーナーリング性能の良さを体感できるコースを取り入れる模様。

TOYOTA_PRIUS
source:http://newsroom.toyota.co.jp/

 

そうしたことからも、『新型プリウス』に対するトヨタの意気込みと自信のほどが窺える。

CMで福山雅治氏が「ま、乗ってみなきゃワカンナイけどね」と語っているとおり、新型の“走り”の進化は自身で体験してみるのが一番だろう。

 

【参考・画像】

TOYOTA、新型プリウスを発売 – TOYOTA Global Newsroom

【動画】

※ プリウス Video Catalog – YouTube

【プリウス】先生と犬 見に行く篇 – YouTube

【関連記事】

今さら聞けない「プリウスPHV」と「プリウス」の違いとは?

スマホでステータスを確認するプリウスPHV専用機能「eConnect」とは?

トヨタの新車開発がCMになった! 「TNGA STORY」公開へ

トヨタの「2050年の未来」に向けた6つのチャレンジ、PHV・FCV・EVの時代に

ハイブリッドの醍醐味!トヨタが171人分の朝食を同時に作った凄技とは?