IT/テック

NagisaがiOSから追放、アプリベンダーに問われるモラルと依存的ビジネス戦略の怖さ

特定のプラットフォームに依存するビジネスの怖さ

同社に起きたことは、他社でも起きる可能性がある。Appleのプラットフォームを利用する以上、Appleのルールは守るのが当然だ。

とはいえ、Appleは予告なく審査基準を変更したり、具体的な問題箇所を明確に指摘してこないこともあると言うことで、今回のNagisa社のアカウント停止に同情する向きもあるようだ。

また、似たような手法で審査をクリアしている同業者もいるに違いないが、彼らはぞっとしたはずだ。人気コンテンツなら許されるということはないことが分かったからだ。

そして、密かに慌てながら、対応作を講じているに違いない。

何しろアカウントまで停止されては、ビジネスが成り立たなくなってしまう。

特定のプラットフォームに依存したビジネス戦略の怖さが分かる出来事だが、プラットフォームを提供する側からすれば、無法地帯化を防ぐためには必要な厳しさかもしれない。

 

【参考・画像】

※ お知らせ|株式会社Nagisa

※ Dragon Images / Shutterstock

【関連記事】

※ 買い替えどき?Apple、iPhone 5s以前のユーザーに買い替えを勧めはじめる

※ 「iPad」5年の歴史を振り返って見えてきた、Appleがタブレット市場で負ける可能性

※ 百害あって一利なしな「歩きスマホ」の対策はどうすべきか

※ 有機EL採用でiPhoneが変わるかもしれない3つのこと

※ ポータブルオーディオ界に革命を起こす⁉︎ 次期iPhoneのイヤホンジャック廃止の噂。