IT/テック

コードを絡めずに済むぞ!iPhoneでワイヤレス充電を可能にする「Gecko」

既存のモバイルバッテリーに使える

『Gecko』は、3つのアイテムで構成されている。iPhoneを例にして説明しよう。

まずは『Geckoコネクター』。

これは、iPhoneのLightningポートに差し込んで使う。U字型になっていて、iPhoneの背面に丸いパッドが来る。

GECKO03
source:http://geckogo.co.uk/

 

次の部品は『Geckoアダプター』。これはLightningケーブルの先端に装着する丸いパッドだ。

そして、最後の部品は『Geckoドングル』。こちらはモバイルバッテリーなど電源がとれるUSBポートに差し込んで使う。これも丸いパッドを備える。

GECKO02
source:http://geckogo.co.uk/

 

そして『Geckoコネクター』(iPhone側)の丸パッドと、そのほかの丸パッドは磁石でくっつくようになっている。

『Geckoアダプター』とくっつければ、Lightningケーブルを使ってiPhoneを充電でき、『Geckoドングル』とくっつければモバイルバッテリーからiPhoneを充電できる。

 

 

これまでのように、ケーブルをいちいち差し込む必要がなく、パッド部分をくっつけるだけでいいので、簡単に充電できるわけだ。

また、一般的なiPhone用バンパーであれば、装着したまま『Geckoコネクター』をつけることも可能だという(ただし『Geckoコネクター』のパッドは外側につけることになる」)。