IT/テック

手軽に自宅でレーザービーム! IoTデバイスにもなるレーザープロジェクタ「Projection Ball」

簡単に描画できる直系12cmの球体

 

sub1
source:http://prtimes.jp/

 

レーザープロジェクタと言えば、これまでは業務用のものがほととんど。

もちろん、使いこなせればかなり高機能なのだが、安いものでも10万円以上はする。一般的には、ちょっと手が出しにくい値段だ。

そこで『Projection Ball』は、プロジェクタの構造や部品を徹底的に見直して、ローコスト&軽量化を実現している。

サイズは直径12cmの球体で、重さも約450g。バッグに入れて持ち運ぶこともOKなスペックだ。

しかも、今回実施するクラウドファンディングに支援すれば、28,000円から製品を購入できる。手軽な大きさと低価格が、一番の魅力なのだ。

 

エクセルで好きな図形を投影

sub3
source:http://prtimes.jp/

 

レーザーを投影できる場所は、球体だから自由自在。天井や壁、床などどこでもOKだ。

投影して描く図形も、あらかじめ4種類がセットされているが、エクセルやテキストエディタで作成したデータをcsvファイルにして入力すれば、好きなデザインを投影させることも可能だ。

sub4
source:http://prtimes.jp/

 

稼働はUSB電源を使い、市販のUSB-ACアダプタやスマホ用の充電リチュウム電池なども使える。

2,000mAhのUSBバッテリーも内蔵しているので、電源がない場所でも2時間程度は連続投影ができる。

操作も簡単で、スイッチひとつで投影する図形の変更が可能。自宅や職場のパーティからレストラン内での演出など、いろんな場所でいろんな使い方ができそうだ。