IT/テック

手軽に自宅でレーザービーム! IoTデバイスにもなるレーザープロジェクタ「Projection Ball」

IoTデバイスとしての拡張性も魅力

sub5
source:http://prtimes.jp/

 

将来的に、IoTデバイスとして使えるようになるのも魅力だ。

一部公開予定の内部IO仕様が分かれば、WiFi内蔵のSDカードや超小型PC『RaspberryPi』などと組み合わせることが可能だからだ。その場合、例えば

・インターネットから天気情報を取得し、翌日の天気を壁などに投影
・自転車に取り付けて、取得したGPS情報などをレーザービームとして道に投影し、ナビゲーションにする

などといった使い方ができる。

IoTデバイス化自体は、少し知識が必要だが、ストックでも手軽に楽しめることは間違いなし!

気になる方は、ぜひ『kibidango』の専用サイトをチェックしてみて欲しい。

 

【参考・画像】

※ 誰でもどこでもレーザービームで遊べる球体ガジェット「Projection Ball(プロジェクションボール)」登場!個人向けプロダクトとして、ローコストかつシンプルな操作を実現 – PR TIMES

※ いつでもどこでもレーザービーム「Projection Ball」 – kibidango

【動画】

※ ProjectionBall – YouTube

【関連記事】

※ 部屋にいつでも満月の明かりを。神秘的なインテリアライト「Luna」

※ 夜の歩行より安全に!簡単に付けれて気軽に買える「シューズ用LEDセーフライト」

※ これぞ「フォース」か?ライトの方向を操れるようになったぞ

※ 究極のスマートモビリティ「自転車」を相互シェア!東京4区で広域実験

※ 15ドルの超小型コンピュータボードはアップルの再来になれるか