IT/テック

窓ガラスに貼り付けるだけで室内を2倍明るくする「DNP採光フィルム」

既存のガラスにも施工可能

この『DNP採光フィルム(現場施工用)』は専門業者が容易に貼り付けられるとともに、使用者にとっても汚れの拭き取りなどを容易にしたことで、既存の窓ガラスに貼り付けて使うことができるようにしたものだ。これは1月から販売されるという。

この『DNP採光フィルム(現場施工用)』なら、リフォームとしてこのフィルムを施工できる。

採光機能のほか、ガラス破損の際の飛散防止や、紫外線99%カットによる人体や家具、カーペットなどへのダメージの低減というメリットもある。

また、このフィルム自体も、最表面には硬度の高いハードコート剤をコーティングしているためキズがつきにくく、光による黄変などの劣化に対しても耐久性が高いという。

なお、光を拡散させる層を持つため、透明なガラスに貼り付けるとすりガラス調になる。

 

温室効果ガスの削減が大きなテーマとなっている現代、さまざまな技術革新がその手助けをしてくれる。

この『DNP採光フィルム』は、日当たりの悪い北側の窓に使用したケースで、室内の明るさが2倍に向上し、照明エネルギーを13%削減できたという例もあるという。

人工の光じゃなくて、太陽光の恩恵にあずかれるという点でも嬉しいではないか。

 

【参考・画像】

新築・既築の窓ガラスに貼り付けるだけで太陽光を効率的に取り入れ 日当たりが悪い室内を2倍明るくする「DNP採光フィルム(現場施工用)」を開発 – 大日本印刷

※ Graphs / PIXTA

【関連記事】

※ クルマにも塗れる?日本発の太陽電池「ペロブスカイト」の開発が加速

※ これぞ「フォース」か?ライトの方向を操れるようになったぞ

※ 部屋にいつでも満月の明かりを。神秘的なインテリアライト「Luna」

※ 月に代わって地面を照らす!幻想的な自転車用ライトで夜間走行を安全にする、スマホで操作可能な次世代IoT

※ 夜の歩行より安全に!簡単に付けれて気軽に買える「シューズ用LEDセーフライト」