IT/テック

遺伝子研究でサラブレッドがサラブレッドたる理由がわかったのかも

これはセンセーショナルな話か?

それにしても、今回は馬に関してだが、人間に関しても遺伝子型と性格が関連づけられてしまうとなると、センセーショナルだろうか?

いや、人間の場合は、別に遺伝子を見なくても性格なんてわかるから、あまり問題にならないだろうか? 人間はある程度性格も変わることがあるし。

じゃあ、遺伝子操作や遺伝子治療で性格が変えられるとしたら?

将来的にはそんな話題まで出てくるかもしれない。

 

【参考・画像】

※ サラブレッド馬の扱いやすさとセロトニン受容体遺伝子の関連 – 京都大学

※ Mikhail Pogosov / Shutterstock

【関連記事】

※ 「蚊に刺されやすい遺伝子」英研究で判明

※ 遺伝子を「編集」する世界初の治療法、1歳女児が白血病から奇跡の回復

※ 夜型はトラブルに強い?遺伝子研究からみる「朝型・夜型」の特徴

※ マラリアを撲滅させるかもしれない「蚊」が遺伝子操作の是非を問う

※ 遺伝子改変ツール「ゲノム・ナイフ」でワインの二日酔いがなくなる?