IT/テック

千葉が「ドローン特区」に。Amazonの空輸サービスは実現するのか?

Amazon参入へ向けた課題

“ドローン特区”千葉市には、Amazonがドローン宅配業者として参入すると言われている。

だが、実のところ、この「Amazon参入」という報道には各メディアでバラつきがある。すなわち現状は構想の枠を出ていないようで、千葉市が決定事項を発表するまでは、若干の時間を要するらしい。

また、ドローン宅配の事業化へ向けた試験も行わなくてはならない。我が国は、南北に細長い山がちの島国で、アメリカ本土とは気象条件が違う。

千葉市の場合は浜風がドローンの飛行にどのような影響を及ぼすのか、まだ未知数だ。

そういったこともあるから、今回の報道を受けて「ついに日本でもドローン宅配が!」と喜ぶのは早計だろう。

しかしそれでも、千葉市で行われようとしている取り組みは“新産業の創生”に向けた大きな一歩であることは間違いない。

 

【参考・動画】

※ 世界初「ドローン宅配」千葉で!? アマゾン参入へ(15/12/15) – YouTube

【画像】

※ Chesky / Shutterstock

【関連記事】

※ 我が家のセキュリティに死角なし!セコムが世界初警備ドローンサービスの提供開始

※ 手のひらから可憐に飛び立つキュートなドローン「ONAGOfly」

※ 恐怖の火炎放射ドローン登場 「病めるアメリカ」の象徴か

※ 1分でおさらい、改正航空法 ドローンはどこで飛ばせるの?

※ 災害時には空撮で地図を。「ドローン基地立ち上げ」プロジェクト