IT/テック

受付間近!ニュルブルクリンクで鍛えた究極のハチロク「86“GRMN”」登場

レクサス「LFA」に採用したCFRP材でボディを軽量化

エクステリアではエンジンフード、ルーフパネル、ラッゲージドアが軽量なCFRP(炭素繊維強化樹脂)製に改められており、フード上面にはエアダクトを備える。

フロントバンパーやボディサイド下部、フェンダーサイドのダクト部などにフィン状のエアロパーツが設けられている。

リヤサイドウインドウやバックウインドウは、ガラス製から軽量な樹脂(ポリカーボネート)製に改められている。

テールには大型リヤウイングが聳え立っており、マフラーがセンター1本出しとなったことで、バックアップランプがリヤディフューザーの両側に移設されている。

TOYOTA_86GRMN
source:http://newsroom.toyota.co.jp/

 

インテリアでは、3連メーターの全てがホワイト地で、表示ロゴの字体がオリジナルの『86』とは異なっており、“GRMN”のロゴが入るなど、専用仕様となっている。

TOYOTA_86GRMN
source:http://newsroom.toyota.co.jp/

 

リヤシートを撤去した2名乗車仕様で、専用スポーツシートや小径ステアリングの採用などで、ドライバーの操作性を追求。

TOYOTA_86GRMN
source:http://newsroom.toyota.co.jp/

 

1月4日からWebで先行受注

1月4日(月)正午(12:00)から22日(金)までの間でWebによる受付を行い、応募多数の場合は抽選により購入者を決定する流れになっており、648万円で販売される。

ちなみに『86“GRMN”』は、ホワイトボディ状態でトヨタの元町工場に持ち込み、各種パーツの組み込みや塗装を行なうそうだ。

CFRP製パーツには以前に同工場で製造されていたレクサス『LFA』のノウハウが投入されている。

『86“GRMN”』のボディカラーは、ホワイトパールクリスタルシャイン1 色で内装色はブラック基調。

TOYOTA_86GRMN

 

実車は、昨年12月18日から東京・銀座の一角に開設された『TOYOTA GAZOO Racing PADDOCK in GINZA』に、1月11日まで展示されている。

また、『東京オートサロン』では、2016年1月15日(金)~1月17日(日)の3日間、幕張メッセ(東8ホール)で展示される予定だ。

豊田章男社長が言うところの「道が人を鍛え、クルマを鍛える」の精神に基づいて開発、TOYOTA GAZOO Racingが自信を持って送り出す“究極のハチロク”の登場だ。

 

【参考・画像】

TOYOTA、86“GRMN”を100台限定発売 – TOYOTA Global Newsroom

TOYOTA GAZOO Racing

※ 東京オートサロン2016(TOYOTA GAZOO Racing)

【動画】

※ 86GRMN Born on Nürbrugring – YouTube

※ 86GRMN IMPRESSION: Driving 86GRMN on Nürbrugring – YouTube

【関連記事】

トヨタのFCV「MIRAI」の受注が3,300台超え!大反響で納期は3年以上先

トヨタの新車開発がCMになった! 「TNGA STORY」公開へ

トヨタがルマン参戦マシンを使って171人分の朝食を同時に作った凄技とは?

プリウスの変遷から「スポーツHV」が見えて来た!

走行中の心拍数にシンクロして発光する「Lexus RC F」