IT/テック

トヨタがプラグインハイブリッド車開発に本腰、PHVシステム開発部を立ち上げ

組織改正でPHV開発を本格化

PHVシステム開発部を、恒久的な組織に位置付ける模様で、今後のPHV開発本格化に向けた地盤固めと見られる。

ちなみに、現行の『プリウスPHV』は同グレードのHV比で、車両価格が約50~60万円程度高いことや、モーター走行できる航続距離が最大で26.4km程度と、他社のPHVと比べて物足りないこともあり、期待するほどの拡販が見込めていないのが実情だ。

TOYOTA_PRIUS_PHV
source:http://newsroom.toyota.co.jp/

 

同社は、12月9日に発売した新型プリウスをベースに、来秋あたりの登場が予想されるPHV版の開発を進めているようで、今回の組織改正は、それを下支えするものと思われる。

一方、BMWボルボなどの欧州勢は、既存のコアモデル全車にPHVを設定すべく開発を急いでいる。

また、ホンダも主力市場の米国で販売する2018年モデルを対象に、カリフォルニア州でさらに厳しくなるZEV(ゼロエミッション車)規制に、PHVで対応する考えを示している。

そうした背景から、今回の組織改正は、そもそもPHVで先行したトヨタが、プリウス以外のモデルにPHVを全面展開していく構えを示唆しているとみられる。

同社のPHVバリエーション拡大戦略においてはワイヤレス充電対応も注目されるところだ。

 

【参考・画像】

TOYOTA Global Newsroom

【関連記事】

今さら聞けない「プリウスPHV」と「プリウス」の違いとは?

プリウスPHVのスマホでステータスを確認する専用機能「eConnect」とは?

PHVやFCVなど、2015年次世代環境車の最新トレンドを振り返る

ダイムラーがEVやPHVの廃バッテリーを再生して送電用に活用

世界でPHV開発加速の兆し「エコカー」の主役に