IT/テック

アルコール入り、「ノンカフェイン」エナジードリンク新発売

挑戦する若者へ

大量のカフェインとアルコールを同時摂取するのは、非常に大きな危険を伴う。

だが株式会社SPASAが開発したノンカフェイン・エナジードリンクのお酒『SPASA』は、ノンカフェインであることを大きな売りとしている。

SPASA
source:https://www.value-press.com/

https://www.value-press.com/pressrelease/154469

“エナジードリンクの基本材料”と考えられていたカフェインをなくすというのは、大胆な開発戦略だ。だが、その代わりにアルギニンやナイアシン、ビタミンB6などを加えている。価格は6本入りで1,620円。

商品コンセプトは「自分の侍を呼び起こせ」。

まさにチャレンジ精神旺盛な若者に向けた飲み物である。