IT/テック

【未来探訪#008】DMM.make AKIBAが2020年以降の「ものづくり」を大予想!

生産プロセスのモジュール化で作り手が増える

岡島氏、

<いずれにしろ、まずは作る人を増やすのが肝心です。 それについては、生産プロセスのモジュール化も、カギになると思います。今までは、自分の足で工場などを探し、プロトタイプや製品を作る必要がありました。

それが、今後は例えば、

ウェブで作りたいものを入力

ポストすると5秒で担当者が出てきて(担当者自体がAIの場合もありうる)

これを、これくらいの数や期間で作りたいと相談

納期や見積もりが出てきて

製造後、Amazonの倉庫などに納品

Amazonアカウントで販売

といった流れができるといいですね。そうなれば、高校生がIoTデバイスを作って売る、みたいなこともあり得る。

こういった、生産プロセスのモジュール化が進めば、もの作りがとっつきやすくなり、作り手が増えることにもなりますね。>

 

DMM.make AKIBA09

 

日本のもの作りに関し、様々な模索を続けているDMM.make AKIBA。

現在、このワークスペースでは、定期的な見学会や、もの作り自体を楽しむためのワークショップなども実施している。

新しいビジネスをしたい人でも、そうでない人も、“もの作り”に興味があれば一度お遊びにいってみてはいかがだろうか?

 

【取材協力】

※ DMM.make AKIBA

【関連記事】

※ 廃棄物回収を効率化!IoTとビッグデータ分析を組み合わせたゴミ箱ソリューションとは?

※ この財布なら置き忘れてもスマホがアラート!ウェアラブルIoTウォレット「Walli」

※ トヨタが「MIRAI」に衛星アンテナ搭載!コネクテッドカーの方向性を提示

※ この料理はグルテンが入ってる?あっという間に検査してくれるスマホ連動キット登場

※ トヨタ「つながる技術」強化、次世代のキーワード「コネクテッド・カー」に迫る