IT/テック

進む大容量化?次期iPhoneは最大256GBになるかも!

写真・動画の高解像度化が影響か?

確かに、iPhoneの容量は着々と増え続けている。遂には、iPhone 6 Plusの登場から128GBまで達し、もはやタブレットやコンピュータと変わらない水準にまで近づきつつある。そういった経緯から考えれば、256GBモデルの登場は決しておかしくない。

大容量モデルが必要になる裏には、恐らくカメラの進化が考えられる。

高画素化が進み、高解像度写真や、4Kムービーをスマホでも十分満足できるクオリティで撮影できる。Live Photoは刹那の思い出を、写真そして前後の動画として残すことができるようになった。

しかしその反面、撮影データ量は年々増え続けていることとなる。

iPhone 6s Plusでは光学式手ぶれ補正を搭載するなど、アップルがカメラ分野に力を入れているのは明らかだ。それを加味すると、この流れはまさに必然といえるだろう。

 

唯一の心配は価格の高騰

pixta_18429330_M
source:https://pixta.jp/

 

唯一心配されるのは、更なる価格高騰だろう。国内では円安の影響もあり、iPhoneはもはや、Mac以上のお金がかかるデバイスになりつつある。

128GBのiPhone 6s Plusが税抜きで122,800円なので、おそらくこの値段を超えることになるのではないだろうか。

大容量化を望むユーザーにとっては嬉しい噂な反面、懐にとっては少々ツラいことになりそうだ。

 

【参考・画像】

apple insider

※ つるたま / PAKUTASO

※ freeangle / PIXTA

【関連記事】

※ 鬼は大爆笑すると思うが「iPhone 7」に期待したい5つのこと

※ いよいよ来る?期待の4インチ「iPhone 6c」と「Apple Watch 2」は来年3月発表か

※ 「薄く、エッジもきれいに収まる」iPhone6以降の悩みを解決するガラスフィルム

※ FacebookがiPhone 6sの「Live Photos」に対応。Twitter、Instagramも続くか?

※ 人気すぎてApp Storeサーバーを落とした!とんでも絵文字アプリ「Kimoji」