IT/テック

次世代環境車「PHV」増強を急ぐホンダ、米GMとの共同開発を深化

ブランド間の協業が世界規模で加速

そこで、PHV専用部品追加による、車両価格上昇を抑制すべく、プラットフォームの共通化や、部品レベルからブランド間で共同開発することで、スケールメリットを活かそうとする動きが活発化している。

昨年10月には、ホンダの八郷隆弘社長がFCVの共同開発で2013年に提携した、米GMとの関係をさらに発展させる考えをほのめかした。

HONDA_02
source:http://automobiles.honda.com/

 

2018年にPHVを北米向けに投入すべく、GMとの協業を本格化させているそうだ。

これまで長きに渡って“一匹狼”を貫いて来たホンダだが、時流はトヨタとBMWや、日産とダイムラー、フォードの事例のように、次世代環境車の開発におけるアライアンスが、世界規模で加速している。

 

ホンダがPHVで先行する米GMと包括提携か?

そうした中、最新情報によるとホンダがGMとの包括提携に向けて最終調整に入っていると言う。

同社は、PHVを次世代環境車の主軸にする理由を「ガソリン車に一番近く、犠牲を払うことなく置き換えられる」としている。

PHVは、HVよりもバッテリー搭載量が多く、モーターのみでの航続距離が50km以上と長いのが特徴。

ちなみに、提携先のGMはシボレーブランドから、モーター走行距離を80km程度にまで伸ばしたPHV、2代目『ボルト』を既に発売している。

 

トヨタも昨年12月に発売した新型プリウスに続き、今秋には航続距離を倍増させたPHV版を投入する動きがあるようで、PHVによるエコカーの覇権争いが予想されている。

こうした流れから、ホンダが既にFCV開発で提携しているGMとの関係を深めるのは有る意味で自然な流れなのかもしれない。

今後ホンダは電動車両の開発に留まらず、IT関連や自動運転の分野でもGMとの協力関係を築くとの見方も有るようだ。

 

【参考・画像】

ホンダ・GM提携拡大へ調整、PHVも共同開発 – 読売新聞

GM、ホンダとの提携拡大へ – 日経Automotive

ホンダ、PHVをエコカーの主役に 18年に北米で発売 – 朝日新聞

HONDA USA

【動画】

※ Nuevo Chevrolet Volt 2016. – YouTube

【関連記事】

トヨタがPHV開発に本腰、PHVシステム開発部を立ち上げ

今さら聞けない「プリウスPHV」と「プリウス」の違いとは?

PHVやFCVなど、2015年次世代環境車の最新トレンドを振り返る

世界でPHV開発加速の兆し「エコカー」の主役に

欧州のCO2排出規制で「PHV」の存在感が増してきた