IT/テック

「自転車の安全は保険から」au損保、低料金自転車保険の提供へ

月額150円からの自転車保険

au損害保険株式会社は、2月から自転車保険『サイクルパートナー』の提供を開始する。

これは、サイクルベースあさひを運営する株式会社あさひとの共同事業で、加入案内は全国のあさひ運営店舗で実施される。

『サイクルパートナー』の最大の特徴は、月々150円という保険料でありながら、個人賠償補償が最大で1億円供出されるという点だ。

そう、1億円である。“個人賠償額1億円”という数字は、もはや日本人の脳裏に焼き付いてしまっている。

しかしだからこそ、au損保がこの額を設定したことには大きな意義がある。

 

保険は「社会的義務」になるのか

同社は、数ある保険会社の中でも、自転車関連の商品に力を入れてきたという印象がある。

今後は、上記の『サイクルパートナー』が示した“月150円、最大1億円”という数字が基準になるかもしれない。

これは突き詰めて考えれば、自転車保険も“社会的義務”として見なされる時代がやって来るということだ。

そして「保険に加入する」とは、同時に「責任を負う」という意味である。

我々は、まずそのことを意識しなければならない。

 

【参考・画像】

あさひオリジナル自転車保険「サイクルパートナー」を開発 – au損害保険株式会社

※ Ermolaev Alexander / Shutterstock

【関連記事】

※ 自動運転への布石で来年6月、国交省がミラーレス解禁か?

※ PHVやFCVなど、2015年次世代環境車の最新トレンドを振り返る

※ 今からでも遅くない!マイナンバー制度について知る(メリット編)

※ 知ってほしい、普段語られることのないJAF隊員たちの思いを込めた動画「HERO OF ROAD」

※ 待ったなしの「孤独死問題」への一手、安心のビデオチャットシステム資金募集中