IT/テック

期待の2in1ラップトップ「Surface Book」が2月4日ついに発売!

タブレットの皮をかぶった、ハイエンドマシン

『Surface Book』は、CPUにSkylake世代のCore iシリーズを採用し、最大512GBのフラッシュストレージ、267ppiの高解像度ディスプレイを搭載。

タブレットにもなる2in1マシンで、タブレットとなるディスプレイ部には1024段階の筆圧感知も対応している。

タブレット時では、使用しないキーボード部分に、NVIDIAの外部GPUを搭載することで、PCスタイルで利用するときには専用GPUによって、高負荷なグラフィック処理もこなすことが可能になるだろう。

高解像度ディスプレイと専用GPU、筆圧感知対応のディスプレイがあることで、グラフィックデザインや映像製作、CADを使った設計の現場など、クリエイティブの分野で活躍すること間違いなしのマシンだ。

参考価格は、一般向けが204,800円から、法人向けが171,120円からとなっている。なお、一般向けでは2月3日(水)までに予約すれば、特典として、『特製 Surface ペンスタンド』がプレゼントされるようだ。

surfacebook_penstand
source:http://mscorpnews.blob.core.windows.net/

 

登場した時期が、ちょうど『iPad Pro』とかぶっていたため、当初は比較されることが多かったこの2機種だが、大きな違いとしては『Surface Book』はコンピュータというところに主軸を置いている点だろう。

タブレットがコンピュータ市場に浸食しているのは明らかだが、その中でどうしても浸食できない分野が、ハイエンドスペックの世界だ。

そこに『iPad Pro』はタブレットとして食い込もうとしているのに対し、『Surface Book』は“タブレットにもなるコンピュータ”として攻勢をかけている。

『iPad Pro』は非常に素晴らしいマシンではあるものの、やはりモバイル機向けOSであるiOSでは、できることが限られているのが現状だ。

そういう意味では『Surface Book』は、まさに今の時代では理想の“2in1マシン”なのかも知れない。

マイクロソフト渾身のラップトップ。発売が楽しみだ。

 

【参考・画像】

Windows 10 搭載最新ノート PC「Surface Book」を 2 月 4 日(木)より発売 – Microsoft

【動画】

※ The New Microsoft Surface Book – YouTube

【関連記事】

※ スリムが一番 キーボード一体型PC「PCWP004」

※ 2分割のキーボードが弧を描いてスライド!ほぼA5サイズのPC「ポータブック」

※ スマホやタブレットを接続!世界初の双方向ソーシャルTVで離れた友人を「デジタルソファ」に招こう

※ クパチーノから生まれる未来とは?今後Appleはどのようなイノベーションを投下するのか

※ ノートPCや一体型PCが手軽に作れる!99ドルのPC簡単自作キット「pi-top」