IT/テック

和製イスラムファッション、花蝶乱舞の舞台へ参りたく候

隣人はすぐそこに

日本ムスリムファッション協会より提供
提供:日本ムスリムファッション協会

 

日本人は、残念ながら宗教に疎い面がある。

特に、“宗教を勉強する”ということと“宗教を信じる”ということの区別が非常に苦手だ。数年前までは、イスラム教について学ぶということ自体、人目を憚る行為だった。

だが、風向きは以前とは明らかに変わっている。今や我々日本人のすぐ隣に、イスラム教徒がいるのだ。「隣人のことなど知らない」では済まされない時代が来ている。

そして隣人のことが分かれば、ISの構成員は決して“イスラム教徒”ではないということが理解できるはずだ。

 

【参考・画像】

「ジャパン・ムスリム・ファッションブランド」をインドネシアへ – Ready For?

【関連記事】

※ 「我々はテロに怯えない」ジャカルタ市民に学ぶ屈せぬ心

※ 「銃とともに育つ」アメリカ南部の子供たち。銃規制を巡る意識格差とオバマの涙

※ パリは燃えていない。SNSが伝えた「テロに屈しない心」

※ NYに緑地帯!? エコフレンドリーな「Green Lineコンセプト」

※ 「武装化」を進めるアメリカ市民。銃器専門ショッピングチャンネル、サービス開始へ