IT/テック

点字版Kindleなるか―目が見えなくても新たな読書スタイルを

リアルタイムで点字が浮き上がるデバイス

同教授とミシガン大学が、共同で研究を行っているのが“点字版Kindle”ともいえるデバイスだ。

このデバイスには『マイクロ流体ディスプレイ』と呼ばれる、空圧式の触覚ディスプレイが採用されている。

指で文字を追うごとに、ディスプレイには新しい点字が浮かび上がり、ページをめくることなく読むことができる。この仕組みに関しては、以下の動画も参考にしてほしい。

 

これまで、リアルタイムでリフレッシュする点字ディスプレイは原価で4,000ドルもしていたが、シリコンを使用することによって、安価に製造できるようになったとのこと。

開発が上手く進めば、小売り価格で1,000ドル程度になると予想される。

ちなみに開発のキッカケとなったのは、同教授自身が視覚障害を持っていることによる。主な研究は触覚タッチや音楽のパフォーマンスなどを専攻としており、そのようなバックグラウンドから今回のデバイスを開発する至った。

同教授によれば「点字デバイスが発達することによって、科学や数学などの科目も、視覚障害を持つ方々がよりアクセスしやすくなるだろう」との目論みを述べている。

 

技術の発達によって障害を乗り越える日が近づくことだろう。

今後の躍進を注目したいプロジェクトである。

 

【参考・画像】

A Kindle for the blind? U.S. researchers working on an affordable Braille tablet – DIGITAL TRENDS

Refreshable Braille Device | MconneX | MichEpedia – YouTube

【動画】

※ Refreshable Braille Device | MconneX | MichEpedia – YouTube

【関連記事】

ドットが浮き上がる視覚障害者のための点字スマートウォッチ「dot」

発言を高速文字表示!聴覚障害者の会議参加支援ソフトがいろいろ役立ちそう

文字がその場で音声になる視覚障害者のためのフィンガーデバイス

「目」代行アプリ!? スマホがあれば視覚障害者をサポートできる

仮想現実デバイスで視覚障害者が見る世界を再現