IT/テック

NYのど真ん中に農場が「そびえ立つ」未来感たっぷりの斬新な試み

少ないスペースで新鮮な農産物を生産し、あるいは一部の廃棄物を再利用したり水をリサイクルすることができる高層建築だ。

とりわけユニークなのは、輸送用コンテナをひとつひとつのモジュールとして使用し、そのモジュールを組み合わせてひとつの建造物としているところだ。

HIVE-INN™ シティ・ファーム

コンテナはひとつひとつ独立して脱着、使用できる

モジュールは個別に交換可能だ(ここは故黒川紀章氏のメタボリズムに考えかたが近いかもしれない)。

そして、ひとつひとつのモジュールを、農業系企業や、レストランや一般のひとの家庭菜園として、あるいは教育用農場として貸し出すこともできる。

HIVE-INN™ シティ・ファーム

実際、これによって食糧供給を大きく変えようというものではない。

しかし、これから都市人口がますます増加していくと、都市の人間は農産物の生産とはまったく切りはなされた世界で生活することになってしまう。それを防いで都市生活者と自然環境とのつながりを保とうというコンセプトの建築だ。

HIVE-INN™ シティ・ファーム