fuffr_site_top
IT/テック

スマホの画面が小さすぎるなら「外側」で操作すればいいじゃない

タッチスクリーンを周りにまで拡大する「Fuffr」

その技術を開発しているのは、スウェーデンのストックホルムに拠点があるチーム「Fuffr」だ。

開発中の製品名も「Fuffr」となっており、これはスマートフォンを操作する範囲を拡張するためのケースである。

このケースをスマートフォンに装着すれば、スマートフォンの周辺スペースがタッチスクリーンの様に利用できるようになる。

例えばスマートフォンをテーブルやデスクに置けば、テーブルやデスクの上がスマートフォンを操作するためのタッチスクリーンとして利用できるのだ。

地図の拡大縮小

このケースにはモーションセンサーが搭載されており、スマートフォンの周辺で動かした指の動きを解析して、スマートフォンに伝えるという仕組みだ。ケースとスマートフォンの連携はBluetoothで行われる。

この技術により、例えばスマートフォンの画面では操作が難しい地図の拡大・縮小・スクロールや、細かなイラストを作成したりすることが容易になる。ゲームももっとのびのびと楽しめるかもしれない。

描く