IT/テック

ポスト「リチウムイオン」の座を狙う革命的バッテリー3選

デュアルカーボンバッテリー

まず最初にご紹介するのは九州大学とタッグを組むベンチャー「Power Japan Plus(パワージャパンプラス)」が開発したバッテリー。

Dual Carbon Battery

既存のリチウムイオンバッテリーは充電に時間がかかることや劣化防止の為、充放電サイクルの制限を伴うなど、その原理上、出力特性の向上に限界が存在。

そこで「Power Japan Plus」と九州大学の石原達己大学院教授が共同で開発したのが高速充放電が可能で、高エネルギー密度を実現する新方式の蓄電池、「デュアルカーボンバッテリー」。

軽量かつ安全で繰り返し充放電に対する寿命に優れており、セル型電池化が可能なことから、EVやPHVに搭載すればエネルギー回生率が大幅に向上すると期待されている。

Dual Carbon Battery

また充放電中に熱を発生せず、1回の充電で約300マイル(480km)の連続走行が可能なことや、レアメタルやレアアースを必要とせず、100%リサイクル可能な点も注目される。