IT/テック

Apple Watchもビックリ?柄が変わる腕時計

電子ペーパーウォッチは将来どのようなシーンでの活躍が想定されるか

「FES Watch」は柄が24通りあるということで、ビジネスシーンでの着用と、カジュアルの切り替えが一瞬で出来てしまうメリットがある。

このプロジェクトが上手く進んで、もしカラー化が進むようなことがあれば更に活用方法が広がるといえるだろう。

また、柄などを自分で考えられたり自由度が更に増せば時計の選択肢の一つとして大きな存在になっていくと考えられる。

今後も「FES Watch」を中心に様々な素材を使ったデジタルウォッチの動向から目が離せない。

*参考:柄が変わる!?文字盤ベルト一体型の電子ペーパーウォッチ「FES Watch」 プロジェクト詳細 クラウドファンディング – Makuake(マクアケ)