IT/テック

一瞬で現実に返れるヘッドマウントディスプレイ

ゲーム以外でも活用できそう

このTOTEMはまだ試作段階で、クラウドファンディングのサイトKickstarterで資金を募集しているところだ。HMDは一般にはゲームの分野から普及していくことになると思われるが、それ以外にも教育分野、医師の外科手術や軍隊、警察、消防の訓練などに使われるようになっていくことが予想される。

モーションキャプチャーがさらに進化し、HMDと連動していくようになれば、かなりリアルな仮想現実の世界が楽しめることになりそうだ。ただし、このTOTEMの場合は、ボタンひとつで瞬時に現実に帰れるという点も安心だ。

なお、以下で紹介する動画は、上が単純なビデオ映像のデモだ。

*出典:VRVANAKickstarter -Totem: the premium, full-featured Virtual Reality headset-