IT/テック

AI(人工知能)がつかさどる「自動車の未来」最新動向

「Apple」が車載インフォテインメント・システムで先行

既に同社のライバル「Apple」は今年3月のジュネーブショーでスマートカー時代に先駆けて「iPhone」とクルマを繋げる車載システム「CarPlay」を発表。

車載モニターを使ってユーザーがiPhoneの地図や音楽、音声メッセージなど様々な機能へのアクセスが可能に。

現在主力の「スマートフォン(iPhone)」事業に続き、持ち前のIT技術を活かせる新たな事業の柱として、「スマートカー」関連技術に照準を定めたという訳だ。

Apple_CarPlay

ローンチユーザーのVolvoは年内発売予定の「XC90 」に「CarPlay」を搭載。 メルセデスベンツもジュネーブショー2014で「CarPlay」搭載の新型Cクラスを出展。

フェラーリ、ホンダ、ヒュンダイについても搭載予定で、Appleによるとトヨタやスバル、日産など、VWグループを除く殆どの自動車各社が採用を予定。

一方、「Android」のGoogleがこうしたAppleの動きを黙って見ている筈も無く、同社は2014年1月、自動車への「Android」プラットフォームの統合を目指す業界団体「OAA(Open Automotive Alliance)」を組織。

「Google Auto Link」を軸とした同様の車載システムへの自動車メーカー誘致に余念が無い。