IT/テック

傘業界に激震か!? 話題のイノベーションに迫る

メリットとデメリットは?

まず視界が遮られないことは大きなメリットだ。また、雨粒を吹き飛ばせる範囲が広ければ、それもメリットになるだろう。

いっぽうでツッコミどころも多い。近くにほかひとがいたら吹き飛ばした雨粒がかかってしまわないかどうか心配だ。また、女性用タイプでも重さ500gというのははっきりいって重いし、長さ30cmというのも小さくない。まして伸縮タイプの850gというのはかなりの重さだ。バッテリー持続時間が最大で30分というのも、やや不安がある。

けっきょく、トータルで考えるとメリットよりデメリットのほうが多い気がする。とはいえ、「見えない傘」というのは話のネタには最高だ。アイディアとしても面白いし、正直にいって試してみたい。予想価格が200ドルくらいということなので、やや高い気はするけれど。

また、持ち歩く傘としてはあまり適してなかったとしても、屋外施設用の据え置き型パラソルとしてはいいかもしれない(その場合、もっと大型のものが必要になるだろうが)。見えない傘があるので雨の日でも濡れないテラス席なんていうのがあったら、ちょっと魅力的じゃないかと思う。もっとも、いまどきそんなところにエネルギーを使うのも、ちょっとはばかられるが。

下の「出典」のリンク先では動画も見られるので、興味のあるかたはご覧になっていただきたい。

*出典:KICKSTARTER -Air umbrella-