IT/テック

中国地場メーカーは、自動運転に本気で取り組むのか?

法規制については、欧米の基準を念頭に独自路線か?

自動運転について、各部会で中国地場メーカー数社が中国市場の現状と今後の可能性について講演した。

そのほとんどが、昨年から今年にかけて欧米で発表された自動運転のガイドラインを注視していく、というもの。中国の道路環境は、上海や北京など、一部の大都市ではインフラが進んでいる。

だが、大都市の郊外、また地方の二級都市や三級都市では、インフラだけでなく、交通ルールに対する庶民の考え方を含めて、解決するべき課題が多い。そうした中国で、現在のところ大規模な自動運転実証試験が行われるとの発表はない。

だが近い将来、欧米の大手自動車部品メーカーと中国地場自動車メーカーが連携した、中国市場向けの自動運転の研究開発が加速しそうだ。

現地取材をしながら、そうした機運を感じた。

 

【関連記事】

※ トヨタが人工知能開発に約60億円の巨額投資、MIT・スタンフォード大と3強連携

NVIDIAの新作「頭脳」が自動運転を加速させる

クルマの「自動運転」化がもたらす功罪とは?

AI(人工知能)がつかさどる「自動車の未来」最新動向

自動ブレーキから自動運転までの技術進化