IT/テック

痛い!注射の失敗を避けられるイノベーション2つ

患者の痛みを軽減し、治療時間のロスを無くす

「Eyes-On Glasses」を開発したEvena Medical社のCEOであるFrank Ball氏によれば、静脈注射を始めるときに血管の位置を探り当てるまでやり直している場合が最大40%もあると指摘している。

これは確かに医療時間の浪費で有り、患者にとっては不快でもある。

今回紹介した技術が、もっと医療現場に普及するようになれば、医療を施す側も受ける側も、共にメリットがあることは間違いない。

 

【関連記事】

「ゴミ病院」が作った未来への道標・・・青年医師の奮闘

心停止したときには、空からAEDが飛んでくるようになる!?

3ヶ月後の未来へ「エボラ出血熱」対策ロボットも登場

※ インドネシア・格闘技事情 「グラップリング」に魅せられて

※ 「インドネシア剣士」武道館へ ・・・世界に普及する剣道