IT/テック

クルマの「自動運転」化がもたらす功罪とは?

GMがキャデラックに「半自動運転システム」を搭載

一例としてGMが先頃、「キャデラック」の2017年モデルの一部で「スーパークルーズ」と称する半自動運転システムを搭載すると発表した。

このシステムは高速道路走行時や渋滞時、長距離運転等の特定の運転環境において、360度衝突危険検知レーダー、カメラなどから得た情報や車車間通信により加減速を自動制御するもの。

車線内の走行を維持するレーン・センタリング技術によりハンズフリーで走行できるようになっているが、運転状況に対する各種警告機能を備えており、ドライバーの必要性を要求している。

一方の日本でも上級モデルを中心に発進から停止までを前走車と一定の車間距離を保ちながら走行する「ACC」(アダプティブ・クルーズ・コントロール)の普及が進みつつある。

また高速道路走行時の疲労軽減を目的に、カメラで車線を読み取って走行レーンの中央を維持するように操舵をアシストする「レーンキープアシスト」についても既に各社で実用化済みだ。

ステアリングホイールから手を離すとセンサーが働いて制御が解除される点を除けば有る意味、既に「半自動運転」システムが確立されているとも言える。

高速道路上での「追い抜き」についても車両前後に搭載したミリ波レーダーにより、追従する後続車の動きに配慮した自動化が実現できそうだ。

Auto_Pilot