IT/テック

自転車事故はウインカーで減らせるか

101119EASYTURN-01

そんな状況を解決するためのデバイスが「EASY TURN」。現在クラウドファウンディングの「INDIEGOGO」で出資を募っている。ゴールは70,000ドル。25日経過時点で1,498ドルの金額が集まっている。

自転車用ウインカーはこれまでに数多く発売されているが、たいていは取り付けが面倒だったり、配線が必要だったりと、手軽に使えるものではなかった。

しかし、「EASY TURN」は取り付けが簡単。方向指示器はサドルの下側に。操作ボタンはハンドルに。ワイヤレスで操作ができるため、配線は不要だ。

左右のウインカーだけでなく、ブレーキを引くとブレーキランプも点灯する。ワイドアングル仕様になっており、視野角が広いのも特徴だ。

このような簡単に取り付けられる自転車用ウインカーが普及すれば、自動車から自転車の曲がる方向がわかるため、事故は減っていくだろう。

特に、スポーツタイプの自転車はスピードを出して車道を走っていくところをよく見かけるので、標準装備にするというのもありかもしれない。

現時点では後方からしかウインカーが確認できないが、前方にも取り付けられるようにすれば、前後から確認ができるようになり事故はさらに減るのではないだろうか。

しかし、一番大事なことは自転車を運転する人のマナー。自動車の間をすり抜け急に前に飛び出したり、猛スピードで右左折をしたりするといったようなことがなければ、このようなウインカーは不要なのかもしれない。

*参考:Easy Turn – wireless bicycle direction taillights | Indiegogo

 

【関連記事】

※ トヨタが開発を急ぐ「自動運転車」は2020年までにGoogle Carを凌ぐ?

※ 高級車BMW新型「7シリーズ」スマホのワイヤレス充電可能、一部自動運転も

過熱する自動運転技術開発競争まとめ。自動車は人工知能(AI)の夢をみるか?

※ トヨタが将来の水素社会に組込む「FCVコンセプトカー」を提案

※ 自動ブレーキから自動運転までの技術進化