IT/テック

次期iPhoneにはサファイアじゃなくて新型ゴリラ?

iPhone6/6 Plusでサファイアガラスが搭載されたかもしれない

iPhone 6/6 Plus発売の際に一部で噂されていたのが、「サファイアガラスが搭載されるのでは」というもの。

サファイアガラスは、その硬度が魅力。通常のガラスの2倍ほど硬く、ダイヤモンドの硬度に迫るほど。さらに強度もあり、ステンレスの10倍相当だ。高級腕時計などに採用されたり、防弾ガラスなどにも使われたりしている、強化ガラス界では名実ともにトップクラスのガラスだ。

ただし、コストが高いという弱点がある。そのため、毎回「次期iPhoneにはサファイアガラスが使われるのでは?」と噂されるものの、実現していない。

サファイア

しかし、iPhone 6/6 Plus発売前には、アップルがサファイアガラスの原料となる大量のサファイアクリスタルを購入したという噂が流れ、いよいよサファイアガラス搭載かと思われた。しかし、サファイアガラス製造パートナーであったGT社が倒産してしまったことにより頓挫したと言われている。

実際、iPhone 6/6 Plusにはゴリラガラス3が採用された。もしGT社が倒産しなければ、サファイアガラスが搭載されていたのだろうか。

これは筆者の予想だが、当初はサファイアガラスが採用される予定だったのではないだろうか。

その根拠はデザイン。今回のiPhone 6/6 Plusは、本体の端までガラスで覆われているデザインとなっている。これにより、落下させてしまった際にガラス面が割れてしまう確率が大幅に上がったように感じる。筆者の周りも派手に割れている人がいるし、筆者自身も角部分にヒビが入ってしまった。

割れたスマホ

アップルとしては、このデザインはサファイアガラスの硬度と強度を前提としたものだったのではないかと感じるのだ。それならば、少しは納得が行く。

落下による画面破損が多いのは、サファイアガラスよりも弱いゴリラガラス3が採用されたからではないだろうか。