IT/テック

次期iPhoneにはサファイアじゃなくて新型ゴリラ?

次期iPhoneはどうなる?

さて、次期iPhone。iPhone 6sになるかiPhone 7になるかはわからないが、サファイアガラスが採用される可能性はあるだろうか。

その可能性は低いと感じる。

なぜなら、ゴリラガラス4はほぼサファイアガラスと同じレベルの強度になっているからだ。それならば、無理にサファイアガラスを採用する必要はない。

すでに2015年初頭から各スマートフォンメーカーに供給が開始される予定となっており、来年のスマートフォンにはゴリラガラス4が搭載されるだろう。

ゴリラ

次期iPhoneも、iPhone 6/6 Plusと同じデザインであるならば、ガラス面の強化は必須事項。割高なサファイアガラスを使うより、安定供給ができて硬度・強度ともにパワーアップしたゴリラガラス4が採用されるほうが自然な流れだ。

正直なところ、iPhone 6にしてから「落として画面を割ってしまうかもしれない」(実際に割ってしまった)という思いが強く、なんとなく落ち着かない。

ゴリラガラス4の採用により画面破壊の呪縛から逃れられるのならば、それはとても幸せなことだ。より硬く、より強く。タフなiPhoneになるためのマストパーツになるだろう。

*参考:Corning Redefines the Standard in Damage Resistance With Gorilla® Glass 4

 

【関連記事】

鬼は大爆笑すると思うが「iPhone 7」に期待したい5つのこと

※ 知っておきたい!必ず役立つ10のiPhoneテクニック

※ 進化するiPhone充電!驚きの充電器&充電技術6選

※ 「お前はもう欲している」いっそiPhone 6sを買うべき6の兆候

※ 「iOS Safari専用広告ブロックアプリ」はネット広告の未来を変えるかもしれない