IT/テック

次世代環境車の本命!? メルセデスもPHVを発表

V6 3.0LでV8 4.6L並みの出力

最高出力333ps/5,250~6,000rpm、最大トルク48.9kgm/1,600~4,000rpmを発生する第3世代の直噴システムを搭載した3.0L V6直噴ツインターボエンジンに、最高出力115ps、最大トルク35.7kgmを発生する高出力モーターを組合わせており、システム出力442ps/66.3kgmを得ている。

JC08モード燃費は4.6L V8エンジン仕様の「S550 ロング」の10.5km/Lに対して13.4km/Lと、約28%向上。

Mercedes_Benz_PHV

大容量リチウムイオンバッテリーを車両後部に搭載しており、EV走行時の最高速度は約140km/h。

フル充電で約33kmの走行が可能となっている。

Mercedes_Benz_PHV

リヤバンパーの右側に普通充電用のソケットを装備しており、自宅や外出先でAC200V電源により約4時間でバッテリー充電が可能。

Mercedes_Benz_PHV