IT/テック

この盆栽はなんとスマホを充電してくれる

太陽光をクリーンエネルギーに変換できる未来型盆栽

「Electree Mini」は、植木鉢に小さな木が生えたようなデザイン。手がけたのはフランスのデザイナーVivien Muller氏だ。まるで「盆栽」のような小さな木から生えた枝の先に合計9枚のソーラーパネルが配置されており、太陽光から電気エネルギーに変換できる放置型のデバイスである。

集めたエネルギーを「Electree Mini」の下部からUSBで繋ぎ、そのまま充電が可能。単3と単4の乾電池へも充電できるようだ。また充電器として使わなくとも、「Electree Mini」自体がシンプルな照明となる機能も持っている。

electreemini 太陽光 盆栽

満充電までは快晴時でおよそ4時間 最大1,200mAが確保できる

気になる充電時間は、快晴時の場合、4時間で1,200mA、2時間で半分の600mA、曇りの場合は48時間で1,200mA、24時間で600mA。iPhone5sのバッテリーがおよそ1500mAだと言われているので、だいたい一回分くらいは充電できる。

electreemini 太陽光 充電時間

本体はポリカーボネート製で壊れにくい素材になっており、中は空洞で軽々と持ち上げられる。それぞれ分解できるのでメンテナンスも問題なさそうだが、防水機能は無いようだ。

Electree min 太陽光 盆栽

枝の部分が可動するので、光の向きに合わせて方向を変えてあげれば窓際などでの充電も可能ではないだろうか?