IT/テック

恐いほどにスマートな次世代のオーブンが登場

レシピ集はオーブンのためのものだけではない

やはり魅力的なのはクラウド上のレシピ集だ。これにはオーブンを使った料理にかぎらず、幅広いレシピが収録される。したがって、コンロやグリルを使った料理をするときにも、MAIDにガイドをしてもらって調理することができる。つまり単なるオーブンを超えて、台所でのアシスタントになってくれるのだ。

スマートフォンの専用アプリを使えば、ユーザーが自分で作ったレシピをクラウドにアップすることもできるようになっている。そうやってクラウド上のレシピもだんだん増えていくシステムだ。

MAID05

このMAID、一般的なオーブンと同様に、コンベック機能、電子レンジ機能、そしてトップヒーター機能を備えている。通信方法はWiFiだ。スクリーンは6インチで、操作はタッチパネルでできるが、料理中に指がきれいだとはかぎらない。音声コントロールやジェスチャーコントロールでも操作できるようになっている。

ずいぶん盛りだくさんの内容で、本当にすべてが実現できるのかと思うが、KICKSTARTERにおいて目標額にはとっくに達している。

このMAIDにおいてもっともキーになるのはレシピの中身と、それにともなう調理の精度ではないだろうか。こればかりは実際に使ってみないとわからない。このMAIDは2015年の感謝祭(11月下旬)までには発売予定で、標準価格は449ドルになるようだ。

これはこれで先進的かつユニークなアイテムだが、ここまで来ると、この先まで期待してしまう。そう遠くない将来には、非接触式の温度センサーを使うなどして、材料の火のとおり具合を見きわめて調理するオーブンが出てくるのではないだろうか。

*参考:MAID Oven – Make All Incredible Dishes by SectorQube, Inc. — Kickstarter