IT/テック

3Dプリンターで建築用コンクリート部材も作れる

複雑な造形の部材を短時間で作れる

この新しいテクノロジーに出資することで、建築の工法とデザインの面でSkanskaは大きなアドバンテージを得ることになる。

Skanskaの担当者は、「3Dプリンティングをモバイル・プレファブリケーション・センターと融合させれば、建物の複雑な部材を作るのに要する時間を、何週間という単位から何時間という単位にまで短縮することができる可能性がある。われわれは建築において、いままでにないレベルの品質と効率が実現できるかもしれない」と話す。

3DCondrete_04

このコンクリートを3Dプリンティングで造形する技術が普及すれば、複雑なデザインの建築物がこれまでよりずっと安価で作れることになるだろう。これまで以上にユニークな建物や、意匠が増えるかもしれない。

3Dプリンティングによるコンクリート部材の成形の様子は下の動画で見ることができる。

*出典:Loughborough University News and events -Partnership aims to develop 3D concrete printing in construction-